条件を満たせば失業手当が貰える!ハローワークでする雇用保険の手続き

自己都合退職なら数か月後から失業手当がもらえる

転職活動の方法として、会社に勤めながら行う方法と一旦会社を退職してから行う方法があります。働きながらなら失業期間無く行えるので生活費の不安がありません。ただ事情によって働きながら転職活動できないときもあり、その時は一旦自己都合退職をしてから仕事探しをします。退職をするときに離職票などの雇用保険に関する書類を渡されるので、退職後すぐに自宅の住所地を管轄するハローワークに行って手続きをしましょう。1年以上勤務しているなどの条件を満たしていると失業手当がもらえます。ただ自己都合退職の時はすぐにもらえるわけではありません。数か月待った後給付されるようになります。給付を受けるにはハローワークを通じての求職活動が必要になります。

民間の求人情報利用のみだと失業手当はもらえない

今の会社や仕事に不満を持つとき、転職をしようと考えるかもしれません。インターネット上には求人情報が利用できるサイトが多くあるので、その情報を元に仕事探しをする人もいます。会社を退職した後に仕事探しをするとき、その間は収入がないかもしれません。条件を満たせば失業手当がもらえるかもしれないので、もらえるための手続きをするようにしましょう。条件の一つとしてハローワークでの求職活動があります。民間の求人サービスの方が充実しているからとハローワークのサービスを利用していないと条件を満たせなくなります。ハローワークでの求職活動として、担当者に求人を紹介してもらったり、ハローワークにある求人情報から応募したりがあります。失業手当を受けたいなら、適度にハローワークを使うようにしましょう。